読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねりものといえばはんぺん

はんぺんあいしてる

単語カード

百均で単語カードを買ってきた。昔と違って方眼の単語カードが売ってるね。メモもノートもルーズリーフも方眼のものを使っているから単語カードも方眼のものを選んだ。別にグラフを書くわけじゃないけど、なんとなく方眼が好き。

delectableには「おいしい」っていう意味がある。その周りの単語も辞書で調べていたらdelecably「おいしく」とかdelectation「楽しみ」があるのに、元の動詞らしきものが見当たらない。つまり【delect】という単語が存在しない。 元になる動詞がないのに派生…

日ペンの美子ちゃん

昔よくマンガ雑誌の広告なんかで見かけた日ペンの美子ちゃんが最近また注目を集めている。ちなみに現在の美子ちゃんは6代目。雑誌を手に取らなくてもツイッターでマンガが読めると知って迷わずフォロー。だって面白いんだもん。日ペンの美子ちゃん【公式】…

英語の勉強を始めたの巻

思い立って英語の勉強を始めた。本当は去年の4月から始める予定だったのに、仕事がアホみたいに忙しくなってしまってできなかった。今も忙しいことは忙しいけど「気が狂うほど忙しい」が「超絶忙しい」になったから今やることを決意。 リスニングがゴミレベ…

久しぶりすぎる

先月下旬に産休入りした職員のやっていた仕事が全部自分のところに降ってきたんだ。ただでさえ2人前やっていたところに容赦なく1人前プラスされて正直しんどい。そんなこんなでブログを書いているどころではなくなってしまった。 いま欲しいものは時間と余…

チラシデザインを急にやれと言われたら

フライヤーのデザインを急遽やらなくちゃならなくなったらどうするか。なかなかこんな機会はないと思うかもしれないけど、仕事とか自治会やPTAなんかで案外必要になったりするもの。そんな時に参考になるとっておきの本がある。 以前、仕事でイベントを主…

ダイエットせずに痩せる方法

ダイエットしなくても痩せる方法は絶対あると思う。そもそもの話、ダイエットという考え方自体がリバウンドとセットになっているって実はみんな薄々気づいてるんじゃないの?太った原因は一体何なのか、ここにしか答えはないんだよ。 最近ではメンタル面から…

やり返さない仕返しの方法

悪魔みたいな人につきまとわれると大変な目に遭う。もはや人間ではないので話なんて通じるはずもなく、何から何まで全て他人のせいにして自分を省みることがない。そういう人と結婚したせいでまさに言葉通りの生き地獄を経験した。 相手は重度の躁鬱病で性格…

欲のせめぎ合い

食欲、睡眠欲、性欲。この3つを戦わせたらどれが優勝するだろうか。 一般的に性欲が優勝するケースはあまりなさそうな気がする。羞恥心を完全に捨て去っても性欲がトップの座を射止めることは多分ない。ここであえて性欲が一番大事!って言いたい気持ちもな…

天然の話

「ねえ、ちょっと聞いてよ〜」「あれ、なんかプンスカしてるね」「そ〜だよ、あたしプンスカしてるの!」「で、どうしたの?」「みんな、あたしのこと天然って馬鹿にするの〜」「そうなんだ」「ねえ、ひどくな〜い?」「なにが?」「あたしのどこが天然なの…

二宮金次郎の話

「最近なんか忙しそうですね」「うん、毎日遅くまで残業してる」「大変ですね」「ホント冗談抜きで大変だよ」「ねこになりたい夢は叶いそうですか?」「とりあえず来世の話になる見込み」「ねこみたいに毎日ゴロゴロしたいですよね」「ゴロゴロしたいよ~」…

ケモノの心を持ったヒト

イソップ寓話の中にこんな話がある。 ゼウスの指示でプロメテウスが人間と獣をつくっていた。ところが、あまりにも獣が多いことに気づいたゼウスが「獣をつぶして人間につくり直せ」と注文をつけたところプロメテウスはその通りにした。その結果、2種類の人…

ねこに生まれ変わる方法

「また今日も収穫なしだった」 「なにが?」 「ねこに生まれ変わる方法を検索してた」 「うそ、まだ分からないの?」 「なかなかこれっていうのがないんだよ」 「ヤフー知恵袋で質問してみたら?」 「え?」 「何かヒントになるかもしれないし」 「ヤフー知…

なんとなくねこっぽいから

「ねえ、ねこさん」 「ん?」 「ねこさん!」 「いや、人間ですけど一応・・・」 「そうなの?」 「見て分からないなら結構やばいと思うよ」 「うそー、ほんとに人間なの?」 「むしろなぜねこだと思うんだよ」 「なんとなくねこっぽいから」 「どっからどう…

価値観という名の思い込み

人を属性で判断するタイプが苦手だ。性別や職業、学歴なんかは人間性を構成する要素のひとつでしかない。それなのに「女は感情的で頭が悪い」とか「ろくな学校出てないから仕事ができない」とか、思い込みにもほどがあると思う。 こういうことを平気で言う人…

分離から統合へ

シェイクスピア『マクベス』の冒頭に、魔女3人が鍋をかきまぜながら「きれいはきたない、きたないはきれい」と口走る場面が出てくる。案外これこそが現実世界の本質を表しているのかもね。この世界にはいいも悪いもないんだから。 マクベス (光文社古典新訳…

designpedia

佐藤可士和の『designpedia』の中に出てきたユニクロフォントのデザインがあまりにもシンプルで衝撃を受けた。グラフ用紙に円と線を書いて塗りつぶしただけだったとは。こういうフォントデザインの手法もあるのかと勉強になった。 デザインというものに対す…

どこからでも切れます

「あのさあ」 「なに?」 「マジックカットって知ってる?」 「どこからでも切れますっていうやつだよね」 「そう」 「それがどうしたの?」 「あれ全然切れない時あるでしょ」 「たまにある」 「それでね、お母さんがね」 「うん」 「何かの袋が全然切れな…

ワガママについて

ねこになるには一体どうしたらいいのか。 ある意味もうすでに中身はねこみたいなものだけど、好きなことだけをさせてもらえる状況にないため、ねこらしさがフルに発揮されていない。これは非常に由々しき事態であって至極残念なことだ。ねこライフを一日も早…

よくあるハナシ 2

「ハルナちゃんって彼氏いるのかな」 「さあどうだろうね」 「あの子かわいいよね」 「そう?」 「そうでもない?」 「まあ、普通にかわいいんじゃないの」 「なんだか投げやりだな」 「そんなことないけど」 「うーん」 「なあに?」 「あ、いやなんでもな…

あの子と縁を切った話

「ねえ、聞いたんだけど」 「なに?」 「あの子と縁を切ったって本当?」 「ああ、その話なら本当だよ」 「ずいぶん仲良くしてたのにね」 「そうだね」 「なにかあったの?」 「ま、いろいろね」 「あっ、聞いたらまずかった?」 「そんなことないよ」 「じ…

何もしないから

「なんかすごく眠い、運転代われる?」 「ごめん、あたしオートマ限定」 「マジか」 「つーかマニュアルなんか必要ないじゃん」 「マニュアル車に乗ってるんですけど、しかも今」 「なんでそんな車買ったのよ」 「オートマ嫌いだから」 「それと同じ理由であ…

化粧マジック

女の顔はすごい。化粧で別人に変わる。 7年くらい前に付き合っていた北海道出身のK子ちゃん(当時22歳)は、周りから美人だとチヤホヤされていた。しかし、化粧を取ると別人レベルの全然違う顔になる。一重まぶたでのぺっとした顔をしていたのを僕は知っ…

聞きたくなかった

「ちょっと聞いてくれるかな」 「どうしたの?」 「知りたくないことを知らされたんだよ」 「どんな?」 「聞いても大丈夫かな」 「そんなの聞いてみないと分かんないよ」 「そりゃそうだな」 「話せるなら話してみて」 「ある女の子からいきなり言われたん…

オンナのまつげ

女の睫毛について思うことがある。 つけまつげは外した時の衝撃があまりにも大きすぎるので、できたらまつエクかマスカラにして欲しい。ちょっとくらいマスカラがダマになってても構わないから。つけまつげを外すと女の顔が別人になるのって結構ショックなん…

幼稚園時代の思い出 2

シノブちゃんという女の子が好きだったんだけど本当に好きだったせいか妙に意識ししまってうまく話ができなかったんだ。幼稚園児のくせに中学生みたいなメンタルのガキだった。どうでもいい女の子とはいくらでも話ができたのにな。 ある女の子が僕のことをす…

幼稚園時代の思い出

昔から学校が嫌いで仕方なかった。この学校嫌いは幼稚園に通っていた時からなので筋金入りだ。集団生活が向いていないのか、いろんなことを強いられるのがダメなのか、理由はいまだに分からない。とにかく苦手意識がぬぐえない。 幼稚園児だったころ「行きた…

日本しりとり協会

「ねえ、ちょっと聞きたいんだけど」 「なに?」 「しりとりやるとさ」 「うん」 「しりとり、リンゴ、ゴリラ、ラッパって」 「うん」 「これは何かの決まりなの?」 「そうだよ」 「マジ言ってんの?」 「日本しりとり協会のガイドラインにある」 「えっ」 …

オンナはこわい

子どもの頃、近所に住んでいた女の子のことを急に思い出した。僕は小学1年生で彼女は2年生だったと思う。その子は美少女という言葉がぴったりのとても可愛い女の子だった。彼女とはなぜだか妙に気が合い、よく遊んでいたんだ。 あるとき、彼女の家に遊びに…

めんどくさいオンナ

「今まで何人くらい女の子と付き合ってきたの?」 「うーん、それは答えたくないなー」 「なんで?」 「そんなこと今さらどうでもいいから」 「あたしにとってはどうでもよくないの!」 「それ聞いてどうするの?」 「んー、別にどうもしないけど」 「だった…

オトコ嫌いのねこ

人見知りのねこを飼っている友だちがいる。そのねこはよそから人が来るといつも外に出ていってしまう。客が女の場合は比較的大丈夫らしいが男の場合必ずといっていいほど姿を現さない。メスねこで男が苦手だという話だった。 昨日の夜たまたま近くで用があっ…

にゃんこ先生

ちょっと前に好きだった女の子がまるでねこみたいな人だった。ねこみたいなのは性格だけじゃなくて名前までねこみたいだったから多分ねこなんだと思う。スマホのアプリ「ねこあつめ」を教えてあげたら一生懸命ねこを集めていたし。 自分の方が先に始めたのに…

よくあるハナシ

「ねえ」 「ん、なに?」 「あなたには好きな人とかって、いる?」 「急にどうしたんだよ」 「ねえ、いるの?」 「うーん」 「なーんだ、いるんだ」 「どうなんだろう」 「なにが?」 「好きって言えるのかなって」 「でも、気になる人はいるのね」 「まあ、…

まわりくどいのムリ

女からのアプローチは基本的にまわりくどい。相手の気持ちが強ければ強いほどまわりくどさが増すというのは一体どういうことだろう。どう考えてもキャッチするのが難しいボールを平気で投げてくるし、取れないとがっかりされる。 もちろんそうじゃない子もい…

据え膳食わぬは

だいぶ前に女友達から恋愛相談をされていたことがあった。相手の男が共通の友達だったせいもあって相談しやすかったんだろうけど、両方知っているのは聞く方からするとあまり望ましくない。知りたくないことだってあるし。 相談してるうちにベクトルが変わっ…

オトコとオンナの友情

男と女の間に友情が成立するかなんて正直どうでもいい。もちろん成立する場合だってあるだろうし、根本的に無理な場合もあるだろう。こんなの全部ケースバイケースなんだから一般化して議論してもあんまり意味がないと思う。 どちらか一方が相手に異性を感じ…

見たくないもの

好きな子に会いたいけど会いたくない。もやもやしたまま時間だけが過ぎていくのを止められなくてアクションを起こしたいのにできない自分にイライラする。そんな状況でテレビドラマ版『モテキ』を観てしまって見たくないものに無理やり焦点合わせられてるみ…

はじめましてこんばんは

ここに今日からごみみたいな文章を載せてくね!